第二章あらすじ

記憶を操作し、親友になりすましていたレンカの登場によって
マコトとカイトの平穏な日常は音を立てて崩れ去る。
双子を『忌み子(いみご)』と呼び、
無理矢理自分たちの仲間に引き入れようとするレンカ。
レンカの手からマコトを救ったのは、事故死したと聞かされていた母だった。

母に導かれるまま異次元世界へやって来たマコトが見たものとは…。
そして離れ離れになったカイトは…
双子の長い長い旅が始まる。

*笑いあり恋愛ありですが、残酷描写もありますので、苦手な方はご注意ください*

用語集

*アッシリア帝国 =異次元世界の人間が統治する国。
*バビロニア帝国 =異次元世界の魔族が統治する国。
*第一区域 =ウィラ・ザ・ウィスプ。ソードたちの世界。
*第六区域 =マコトとカイトがいた世界。
*魔族 =妖怪や魔物のような異能者。
 人間のような容姿の者もいれば異形の者も存在する。
*神都 =アッシリア帝国の首都。
*神 =『神魂』を体内に取り入れることによって世界を構成する要素を
 司る存在になった者。本来十名存在するが、前任者が亡くなった
 ため龍神と火神は欠員状態。
*天使 =神の後光を浴びることによって、神の力の一部を与えられた者。
 アッシリア帝国の騎士や近衛兵は皆、天使。

第二章キャラ紹介

マコト

茶苗 誠刀(サナエ マコト)

高校1年生。勉強は苦手だがスポーツ万能。
第一章でのレンカの裏切りで心に深い傷を負っている。
片想いの相手・剣に瓜二つのソードを意識するようになるが…
カイト

茶苗 詼刀(サナエ カイト)

高校1年生。運動は苦手だが頭脳明晰で冷静沈着。
双子のマコトに危機が迫ると不思議な『力』を発動させるが、
無事元の世界へ戻るため、ソードたちにはその能力のことを秘密にしている。
ソード

ソード・セレン

異次元世界の人間の国・アッシリア帝国の住人。職業は帝国騎士。
雷の属性を持つ、『雷天使』という存在らしいが、詳しい素性は不明。
ランス

ランス・セレン

アッシリア帝国の住人。職業は近衛兵。ソードの兄。
風の属性を持つ、『風天使』という存在らしいが、詳しい素性は不明。
ダガー

ダガー・レパ・ド・テルル・プランプトリー

アッシリア帝国の住人。職業は僧侶。
精霊の属性を持つ、『霊天使』という存在らしいが、詳しい素性は不明。
アックス

アックス・キセノン

アッシリア帝国の住人。職業は憲兵。
獣の属性を持つ、『獣天使』という存在らしいが、詳しい素性は不明。
ピア

ピア・ノウトーリアス

異次元世界の魔族の国・バビロニア帝国の住人。
四大魔将軍の一人。『幻術師』の異名を持つ。
幻覚で相手を惑わす。冷酷無比な魔族。
サク

サク・スフォルツァンド

バビロニア帝国の住人。
四大魔将軍の一人。『扈従(こしょう)の王』の異名を持つ。
血の制約を交わした108の「扈従」を有する。
シン

シン・バルスコフ

バビロニア帝国の住人。
四大魔将軍の一人。『破壊神』の異名を持つ。
一見臆病な性格だが…
ハーモ

ハーモ・ニカノロフ

バビロニア帝国の住人。
四大魔将軍の一人。『殺戮兵器』の異名を持つ。
敵にも味方にも容赦ない、冷血な性格。